ボトックス副作用の実態とは【ドクター選びがとても重要】

小顔注射の意外な良さ

顔に触れる女性

安心して使えるのがウリ

身体に有害な物質から生成されているボトックス、これを聞くと「そんなものを注射するのは不安」「効果は本当にあるの」と不安に感じるのも当たり前かもしれません。ボトックスの元となるボツリヌストキシンはほんの微量でも体内に取り入れると食中毒や麻痺といった症状を引き起こしますが、こうした毒性は全て取り除かれているためリスクはないと断言できます。一度に数百本打てばボトックス副作用が出るともいわれますが、そんなことを希望する患者もいなければ、ましてや注射をする医者もいません。なので、ボトックス副作用はほぼないと言えるでしょう。さて、ボトックス注射の効果ですが、小顔になれる、エラを小さくできるといった点が挙げられます。そもそもエラというのは咬筋が発達することによって目立つもので、この咬筋が小さくなればエラが小さくなり、結果として小顔に見えるという仕組みです。咬筋は咀嚼、つまり食事のように物を噛んだり、力を入れるために歯を食いしばったりすることで発達する筋肉のひとつなので、一度発達してしまうとなかなか小さくなりません。脂肪のようにダイエットで小さくなることもないため、ピンポイントで小さくしたいと思うならやはりボトックス注射が有効な方法と言えるでしょう。なお、注射することで物を噛む力が弱くなってしまったり、滑舌が悪くなってしまったりするのではと心配する人もいます。しかし、物を噛んだり話したりする時に使う筋肉は咬筋だけではありませんから、注射をしたからといって日常生活に問題が生じるケースはほぼないといってよいでしょう。エラのはりがなくなり、小顔効果が期待できるというのはボトックス注射の魅力ですが、実はこれ以外にも様々な効能があることをご存知でしょうか。現在特に注目を集めている効果として「表情ジワの改善・予防」が挙げられます。話す時は他人の顔を見ているため、表情ジワというのは自分では気づきにくいものです。そのため「人に指摘されて自分のシワに気づいた」「気づいたらかなり深いシワができていた」ということがよくあります。皮膚にボトックスを注射することによってこうしたシワを伸ばせるという利点もありますが、この先できてしまうシワを予防するという役割もあるのです。一般的な整形とは異なり、何度も繰り返し注射をすることでより効果が高まるというのもボトックス注射ならではの特徴と言えるでしょう。注射を定期的・継続的に行うことで未来にできるシワを予防し、今できてしまったシワを伸ばしていけるというのも、ボトックスが人気を集めている理由の一つかもしれません。他にも、多汗症の治療やふくらはぎの部分痩せにも効果があるといわれるボトックス注射。ボトックス副作用を心配する声もありますがこれは極めてリスクが低いため、不安に思う必要はないといえるでしょう。そもそもボトックス副作用があるなら、何度も繰り返して行うことはできないため、極めて安心・安全に挑戦できる美容方法のひとつと分かるのではないでしょうか。とはいえ、整形に不安を感じたり注射にためらいを感じたりするのも当然です。その様な場合はまず美容クリニックなどで話を聞いてみてはいかがでしょうか、自分の知らなかった世界を知れるチャンスかもしれません。

Copyright© 2018 ボトックス副作用の実態とは【ドクター選びがとても重要】 All Rights Reserved.